三塁側が観察できたのも、こちらの席からではの光景でした。