膝を高く折り曲げ上から振り下ろす力感溢れるフォームは貫禄のエースに相応しい。
6試合目の登板で打線の援護が乏しく2勝2敗で勝ち星が順調には重ねられず。
5回まで能見はノーヒット・ノーラン、山田は被安打3だが要所で失点なしH5-5T。